1. トップページ
  2. 特徴・戦略
  3. 財務戦略

財務戦略

安定的かつ健全な財務運営

中長期的な収益の維持・向上および運用資産の規模と価値の成長を実現することを目的として、安定的かつ健全な財務基盤を構築することを基本方針とします。

基本方針

エクイティ・ファイナンス 新投資口の発行は、運用資産の規模と価値の成長を目的として、既存投資主の権利の希薄化およびそれに伴う投資口の取引価格の低下等に配慮しつつ、新たに取得する不動産関連資産の取得時期およびスポンサーのウェアハウジング機能の活用可能性、LTV、有利子負債の返済時期および返済までの残存期間ならびに経済市況等を総合的に勘案して決定します。
デット・ファイナンス 資金の借入れおよび投資法人債(短期投資法人債を含みます。)の発行に際しては、資金調達の機動性と財務の安定性のバランスに配慮した資金調達を行います。具体的には長期比率、固定比率、返済期限の分散、調達方法(借入金・投資法人債)、コミットメントラインの設定等を検討します。
LTV 資金余力の確保に留意しつつ、原則として60%を上限とします。
(注)LTVとは、本投資法人の資産総額のうち有利子負債総額の占める割合をいいます。
キャッシュ・マネジメント 保有するポートフォリオにおける資金需要を常にモニタリングし、的確に把握して、効率的かつ適切なキャッシュ・マネジメントを行うものとします。

ページの先頭へ