1. トップページ
  2. ポートフォリオ一覧
  3. ヒューリック高田馬場ビル

OF-05 ヒューリック高田馬場ビル

所在地 東京都豊島区高田三丁目19番10号
徒歩分数 JR山手線、東京メトロ東西線「高田馬場」駅 徒歩6分
延床面積(㎡) 8,090.38㎡
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
竣工 1993年11月
取得日 2014年2月7日
(注1)「延床面積」欄は区分所有建物の一部又は建物共有持分を取得する場合でも、登記簿上の記載に基づいて、建物一棟全体の数値を記載しています。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)

立地特性

本物件が所在している「高田馬場」ゾーンは、JR山手線「高田馬場」駅を中心に形成されており、同駅に東京メトロ東西線「高田馬場」駅、西武新宿線「高田馬場」駅が接続しています。
当該ゾーンのオフィスビルは、概ね幹線道路沿いに立地しています。当該ゾーン及びその近隣には明確なオフィス集積地と呼べる立地は存在しておらず、商業施設やマンション等住居と混在していることが特徴としてあげられます。
交通利便性について、テナント側からはJR「山手線」が利用できることに加え、東京メトロ「東西線」、「西武新宿線」など複数路線を利用可能であり、また、営業車を利用した東京西方への営業拠点として認知されており、駐車場の台数・利用利便性に優れるビルとして評価される傾向にあります。
テナント層としては、既述の通り営業拠点として利用する企業が多く、また、新宿・池袋間に立地し、賃料水準もそれらの地域に比べ低廉であることから、賃料条件や駐車場確保の面で当該ゾーンに移転してくるケースも見られます。一方で、当該ゾーン周辺に大学等教育機関が集積しているため、駅周辺では塾・教育関係のテナントも多くあります。

物件特性

本物件は、JR線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場」各駅から徒歩約6分、幹線道路「新目白通り」沿いに位置しています。幹線道路に面し、駐車場を一定台数備えているため、当該ゾーンで多く見られる自動車を使う営業拠点としての需要に対して、訴求力があるものと考えられます。
本物件の建物の規模は、延床面積2,722坪、基準階面積220坪を有しており当該ゾーン近隣では規模感があるオフィスビルです。
設備・機能性の面においては、天井高2,650㎜(フリーアクセスフロア50㎜)、床荷重300kg/㎡であり、当該ゾーン近隣は新規供給が少なく、近時供給されているような高機能なオフィスストックは希少であるため、本物件の設備・機能は同一需給圏の中で競争力を維持していると考えられます。
以上、規模面を考慮すると、十分に市場競争力を発揮可能なオフィスビルであると判断されます。

関連プレスリリース

2014年2月7日
資産の取得完了に関するお知らせ PDF(PDF:409KB)

MAP

ページの先頭へ