1. トップページ
  2. ポートフォリオ一覧
  3. ゲートシティ大崎

OF-13 ゲートシティ大崎

所在地 東京都品川区大崎一丁目11番1号他
徒歩分数 JR線「大崎」駅 徒歩約1分
延床面積(㎡) (業務商業棟)287,349.75㎡
(住宅棟)18,141.79㎡
構造 (業務商業棟)鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造
(住宅棟)鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造
竣工 (業務商業棟)1999年1月
(住宅棟)1998年12月
取得日 2015年4月16日
(注1)「延床面積」欄は区分所有建物の一部又は建物共有持分を取得する場合でも、登記簿上の記載に基づいて、建物一棟全体の数値を記載しています。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)

立地特性

本物件は、JR山手線・ 埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線が利用可能な「大崎」駅の新東口からペデストリアンデッキで直結しており、大崎エリアのなかでも、特に交通利便性に優れています。
当該エリアは、1990年代末頃からオフィス供給が本格化したエリアで、東京の主要オフィスエリアと比較すると後発のエリアではありますが、近年、再開発事業によって「大崎」駅周辺では大型オフィスビルの集積が進んでいるとともに、今後の発展が期待される「品川」駅にも近接するなど、オフィスエリアとしてのポテンシャルが大きく向上しているエリアといえます。

物件特性

本物件は、大崎駅東口第2地区第一種市街再開発事業の一部として平成 11 年に竣工し、地上24階建の業務商業棟(「ウエストタワー」・「イーストタワー」のオフィスタワー2棟と低層部の商業施設(「ゲートシティプラザ」)・文化施設)と、地上20階建の住宅棟(「サウスパークタワー」)を中心に多彩な都市機能が集積した複合大規模再開発ビルです。
オフィススペックは、基準階専有面積859 ~1,236坪、天井高2,650㎜、OAフロア 100㎜等、比較的高スペックな機能を備えているほか、495席の観客席を有する「ゲートシティホール」や5層吹抜けのアトリウム等、共用部もハイグレードかつ充実しており、築15年超となった現在でも高い競争力を維持しています。大型オフィススビルが集積する「大崎」駅周辺エリアのなかでも、その規模とグレード感から、ランドマーク的なオフィスビルとなっています。

関連プレスリリース

関連プレスリリース

2015年4月16日
資産の取得完了に関するお知らせ PDF(PDF:80.8KB)
2015年4月14日
資産の取得に関するお知らせ PDF(PDF:774KB)

MAP

ページの先頭へ