1. トップページ
  2. ポートフォリオ一覧
  3. ヒューリック虎ノ門ビル

OF-14 ヒューリック虎ノ門ビル

所在地 東京都港区虎ノ門一丁目1番18号
徒歩分数 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 徒歩1分
延床面積(㎡) 12,094.79㎡
構造 鉄骨造
竣工 2015年5月
取得日 2015年12月25日
2016年9月1日
(注1)「延床面積」欄は区分所有建物の一部又は建物共有持分を取得する場合でも、登記簿上の記載に基づいて、建物一棟全体の数値を記載しています。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)

立地特性

本物件は、東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩1分で、「外堀通り」沿いに位置します。最寄駅のほか、東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線「霞ヶ関」駅へ徒歩4分、都営地下鉄三田線「内幸町」駅へ徒歩5分で、JR山手線ほか「新橋」駅も徒歩圏とする等、交通利便性に優れます。
虎ノ門エリアは、日本の行政の中枢を担う霞ヶ関エリアに隣接し、古くから官公庁関連企業、外郭団体、士業等が集積する一方、近年は「虎ノ門ヒルズ」が竣工し、これに続く複数の大規模再開発計画が具体化する等、都市機能の更新も進んでおり、オフィスエリアとして高い競争力を有しています。

物件特性

本物件は、平成27年5月に竣工した築浅のオフィスビルであり、地下1階付地上11階建てで、1~2階が店舗及び事務所、3階以上が事務所として設計されています。延床面積約12,100㎡、基準階床面積約865㎡と大規模ビルではないものの、都心でテナント需要の多いサイズのフロアプレートを有しています。
基本的な仕様は、天井高2,800㎜、OAフロア 100㎜、床荷重500㎏/㎡(ヘビーデューティーゾーン800㎏/㎡)等、近時におけるオフィスビルの標準以上のスペックを有するほか、災害発生時のオフィス機能維持を可能とするために、免震構造を採用し、非常用電源にて約72時間連続で電力供給可能な非常用発電機を備えています。
また、風や太陽光を活用する先進の自然換気システム及び自然採光装置を導入し、光熱費やCO2の削減を実現する等、環境面において優れた性能を有することも特長で、「国内トップクラスの卓越した『環境・社会への配慮』がなされたビル」として、DBJ Green Building認証制度の最高ランクである「5つ星」の認証を獲得しています。
本物件の敷地は幹線道路(外堀通り)沿いに広い間口を確保しているため、そのファサードは視認性が高く、上記スペック、環境性能と相俟って、高い訴求力があります。

関連プレスリリース

関連プレスリリース

関連プレスリリース

関連プレスリリース

2016年9月1日
資産の取得完了に関するお知らせ PDF(PDF:90.8KB)
2016年8月30日
資産の取得に関するお知らせ PDF(PDF:819KB)
2015年12月25日
資産の取得完了に関するお知らせ PDF(PDF:73.2KB)
2015年12月22日
資産の取得及び貸借に関するお知らせ PDF(PDF:506KB)

MAP

ページの先頭へ